反社会的勢力に対する基本方針

いちごグループ(本方針では、いちご株式会社及びその100%子会社(但し、SPCを除く)を指し、以下、「いちごグループ」という。)は、暴力、威力と詐欺的手法を駆使して経済的利益を追求する集団又は個人である「反社会的勢力」との関係を一切遮断し、社会的に信頼される公正で健全な企業を目指すために、以下の宣言をいたします。

1.いちごグループは、反社会的勢力による不動産市場、金融市場への介入を防ぐため、「いちごグループ企業倫理綱領」を定め、組織的にこれらの勢力の排除に努めます。

2.いちごグループは、反社会的勢力との裏取引や資金提供等の不適正な取引は一切行いません。また、反社会的勢力とは、取引を含めた一切の関係を遮断することとし、万が一、その関係が事後的に判明した場合には、直ちに契約解除等必要な措置を講じます。

3.いちごグループは、反社会的勢力による不当要求等には断固として応じず、速やかに警察等と連携し毅然とした態度でこれらの排除に努め、民事と刑事の両面から法的対応を行います。

4.いちごグループは、「内部統制システム構築基本方針」に基づき反社会的勢力を排除するための社内体制を整備し、警察や弁護士、外部専門家との連携、警察関係団体への加盟、情報の収集、取引先の審査、契約書への反社会的勢力排除条項の設定、社内研修による意識向上と周知徹底などの取組みを、組織的に実施します。